交代湯で疲労回復

こんにちは!

 

温泉に行くと温かいお風呂と水風呂の両方がありますよね。

 

サウナに入る人が良く使うイメージのある水風呂ですが、実は温かいお風呂と水風呂に交互に入ると疲労回復の効果があるのをご存知ですか?

 

交代湯のやり方

 

交代湯は、38度~40度くらいの温水と12度~15度くらいの水風呂にそれぞれ1分程度入って出てを7回繰り返し行います。

 

疲労回復により、パフォーマンスを重視するスポーツ選手にも取り入れられている方法なんです。

 

また、肩こりに対しても効果が期待できるのではないかと言われています。

 

ただ、自宅でこれをやるのは大変ですし、そもそも浴槽が1つしかないっていう家庭ばかりだと思います。

 

なので、自宅でやるなら「冷水シャワー」をすると良いでしょう。

 

冷水シャワーは、温かいお風呂に入った後、出る前に冷水のシャワーを体に当てるだけです。

 

これだけで温かいお風呂と水風呂に交互に入った時と同じような効果が期待できますし、代謝をあげることができます。

 

代謝が良くなるということは、脂肪燃焼能力が上がるということです。

 

なので、痩せやすくなりますし、太りにくくもなります。

 

さらに冷水シャワーには免疫力を高める効果があります

 

冷水シャワーを使う時は、1分間水風呂に入る時よりも長めの5分程度浴びると良いでしょう。

 

ただ、それなりに刺激も強いので、心臓疾患・高血圧・動脈硬化などをお持ちの方や高齢者の方は気をつけましょう!