健康の為の運動の種類と効果

こんにちは!

 

健康の為には食べることや疲れを残さないことも大事ですが、運動も大事です。

 

運動をすることで得られる効果は以下のようなものがあります。

 

・体力、持久力がつき、身体活動がしやすくなる

・生活習慣病の予防にもなる

・ストレッチや筋力トレーニングで身体の柔軟性が高くなる

・筋肉量が増えるので腰痛などの運動器疾患でのトラブルが減る

・有酸素運動で心肺機能が高くなり、風邪をひきにくくなる

 

運動で体が動かしやすくなっていると無理に動かさなくても動くようになるので、身体を痛めなくなります。

 

では、実際どんな運動が良いのかを見ていきましょう!

 

どんな種類の運動をすればいい?

 

様々な種類の運動がありますが、特におすすめしたいのは有酸素運動とストレッチです。

 

有酸素運動は、全身を使った運動にプラスで酸素を取り込みながらやるので、体力や持久力を身につけることができます。

 

また、心肺機能も鍛えることもできます。

 

具体的にやった方が良いのは、早歩きでのウォーキング、ラジオ体操、ジョギング、自転車をこぐなどです。

 

ダラダラとやるだけだと意味がないので、楽だけど息がはずんで、少しきついかなっていうくらいのレベルで行うと効果的です。

 

ストレッチは、筋肉の柔軟性を高めることができます。

 

運動において、ケガをしてしまっては元も子もありません。

 

それに柔軟性がないままでいきなり無理に運動してしまうのも良くありません。

 

しかし、ストレッチをしておくと筋肉が動かしやすい状態にすることができますし、疲労の回復をも早くなります。

 

また、関節の運動性が改善される運動を行うことで血行促進効果もありますし、肩こりや腰痛の改善、リラックス効果なども期待できます。

 

そんな健康に関しての情報が満載のブログを見つけたので一つ紹介しておきます。

 

それがこのブログです⇒https://www.00tdsc.net/

 

健康に関する事も満載ですし、ちょっとした豆知識も載っているのでお勧めです!

交代湯で疲労回復

こんにちは!

 

温泉に行くと温かいお風呂と水風呂の両方がありますよね。

 

サウナに入る人が良く使うイメージのある水風呂ですが、実は温かいお風呂と水風呂に交互に入ると疲労回復の効果があるのをご存知ですか?

 

交代湯のやり方

 

交代湯は、38度~40度くらいの温水と12度~15度くらいの水風呂にそれぞれ1分程度入って出てを7回繰り返し行います。

 

疲労回復により、パフォーマンスを重視するスポーツ選手にも取り入れられている方法なんです。

 

また、肩こりに対しても効果が期待できるのではないかと言われています。

 

ただ、自宅でこれをやるのは大変ですし、そもそも浴槽が1つしかないっていう家庭ばかりだと思います。

 

なので、自宅でやるなら「冷水シャワー」をすると良いでしょう。

 

冷水シャワーは、温かいお風呂に入った後、出る前に冷水のシャワーを体に当てるだけです。

 

これだけで温かいお風呂と水風呂に交互に入った時と同じような効果が期待できますし、代謝をあげることができます。

 

代謝が良くなるということは、脂肪燃焼能力が上がるということです。

 

なので、痩せやすくなりますし、太りにくくもなります。

 

さらに冷水シャワーには免疫力を高める効果があります

 

冷水シャワーを使う時は、1分間水風呂に入る時よりも長めの5分程度浴びると良いでしょう。

 

ただ、それなりに刺激も強いので、心臓疾患・高血圧・動脈硬化などをお持ちの方や高齢者の方は気をつけましょう!

 

食べる順番でダイエット効果が期待できるって本当!?

こんにちは!

 

「いつまでも若々しく、健康でいたい」と誰もが思いますよね。

 

私は普段から健康には気をつけていて、色んな事を実践しています。

 

そんな私が健康に関する色んな情報を発信できればいいかなと思ってこのブログを立ち上げました。

 

これからどんどんと更新していきますので、よろしくお願いします。

 

さて、一回目となる今回は食べ方に関する情報です。

 

皆さん、食べ方って気にしていますか?

 

食べる順番を間違えてしまうと肥満の原因になってしまうこともあるので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

 

野菜から食べるようにする

 

最初に炭水化物系の食べ物を食べてしまうと、一気に血糖値が上がってしまうので、脂肪が付きやすい体になってしまいます。

 

なので、以下の順番で食べるようにすると良いでしょう。

 

・スープや野菜

・乳製品

・肉、野菜、たまごなどの炭水化物

・お米、パン、麺など

・デザート(食後に食べる場合)

 

これは食べる順番ダイエットというもので、この方法は満腹感をどう満たすのかが重要となります。

 

まず摂取するのは脂質や糖質の少ないものから摂取するようにすることが大事です。

 

水分量の多いスープ、カロリーの低い野菜などから摂取してお腹を満たすようにしましょう。

 

次に乳製品を摂るようにしましょう。

 

胃酸が少ない段階で乳製品を摂ることで、お腹の中で乳酸菌が活発に活動してくれるようになります。

 

その後、たんぱく質であるお肉や魚などを食べます。

 

大豆などもたんぱく質を多く含んでいるので、お肉などと一緒に食べると良いでしょう。

 

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質が同時に食卓に並んでいるなら、脂質カロリーが少ない植物性たんぱく質から食べるようにすると良いでしょう。

 

そして、主食のご飯やパンを食べて食事を終えます。

 

この順番であれば一気に血糖値が上がることもありませんし、脂肪が体内に付きにくくなるのでダイエットにも効果があります。

 

是非やってみてください。